「健康」について心配になってしまう30代に達した私、今からの自身についての一考

若い頃は健康などとか思い付きもしませんでした。けれども、近頃は健康について書いてある情報誌などが良く目に留まるような気がしています。アラサーとなり身体の具合の事を心配に感じた事などがあり私自身の体のことを考えるべきではと自覚し始めたところです。健康というのは精神的にも身体的にもグッドな調子の事を言います。だから、病気に冒されていないからと言って健康なんだと言うだけではだめで、メンタル面においてもベストコンディションでないと健康とは言う事ができないです。それらを頭に入れてアラサーな自分が心と体の両方が満足である為には何をすればいいかと言う事をよくよく考えなくちゃならないとと感じます。日常を規則性をもたせ、程よくスポーツを行なう事からが健康的な体への始めの一歩じゃないかと思っています。三十才の期間は未来の一生を丈夫な心身で生きて行く準備期間だと考え、過ごすというのはいかがですか。